トップ / 過食嘔吐の悪影響について

過食嘔吐の悪影響

過食嘔吐の悪影響について

甘く見てはいけない過食嘔吐 

過度な食事制限などによるダイエットや自分の体重に強いこだわりを持っている女性に過食嘔吐の症状は多くみられます。これはお腹いっぱいに食べ過ぎてしまったことによる罪悪感や太りたくないといった恐怖感が心理的に作用して、トイレで指をつっこんで自発的に吐いたり、下剤や利尿剤などを乱用して栄養を排出させることで精神的に安堵感を得る行為といって良いでしょう。過食嘔吐が続いてしまうと、吐かないと決めていてもコントロールがきかなくなったり、さまざまなからだへの悪影響を及ぼしてしまいます。

過食嘔吐を克服するための病院 

過食嘔吐を克服するには病院の助けは必要です。医者に胃の具合、食欲の状態、不安に思っていること、緊張していることなど全て話します。また、嘔吐を繰り返し、胃酸によって歯がボロボロになっている場合もあるため、克服しながら歯のケアも必要です。過食嘔吐をしてしまうと罪悪感をもってしまいがちですが、これは逆効果です。病院や薬などを飲んで克服することを考え、1日や2日で克服できる摂食障害ではないので長期的なケアは必要で、正しい嘔吐の方法などを身につけます。克服するには日常生活でもストレスを避けることが大切です。

病院とその受付の情報