トップ / 舌側矯正の良しあしとは

舌側矯正の技術力

舌側矯正の良しあしとは

目立たない舌側矯正とは 

舌側矯正は裏側矯正とも言われます。歯の裏側に矯正装置をはめ込む矯正方法です。外側からは装置が見えないため、他人に気づかれないということが一番のメリットです。また矯正中に虫歯になりにくい、前歯がひっこみやすいので出っ歯の矯正にもなる、というメリットもあります。一方で、舌に触れて違和感を感じる、舌を歯の裏側に当てて発音する言葉の発音がしにくい、表側矯正に比べて費用がかかるというデメリットもあります。以前に比べて舌側矯正の装置もコンパクトになってきましたが、歯科医のテクニックによって大きな差が出ます。

矯正と姿勢の関係について 

歯並びが悪いことはさまざまなデメリットがあります。そのひとつが姿勢が悪くなるということです。改善するために矯正治療を受けることは大事なことです。歯並びが悪いことはあごの骨にもさまざまな影響を与えます。あごの骨がずれると背骨もずれて姿勢に影響を与えます。矯正治療によって歯並びを改善するということは、あごの骨のずれを改善することにつながります。あごの骨のずれを改善すれば背骨のゆがみも改善されて結果としてよい姿勢を実現することができます。

病院とその受付の情報