トップ / 病院と薬局の関係と役割

病院で処方される薬

病院と薬局の関係と役割

ウェディングドレスでスクワット

医薬分業での病院と薬局の関係 

近年は、医薬分業が進み、これまで病院の院内で医師から処方されていた薬を、受け取っていましたが、院外に調剤薬局などができ、そこへ処方箋を持って行き、薬を受け取るようになりました。薬剤師は、患者さんの薬の情報を管理し、処方に疑義などがあれば、病院の医師に照会することもあります。このことで、医師は診療に専念することができるようになり、薬剤師との役割分担をすることで、患者さんへの間違い等を防ぐ目的もあります。また患者さんも、かかりつけ薬局を作ることで、薬の飲み合わせなどを気軽に相談することができるため、とても重要なものです。

医薬分業による薬局のメリット 

医薬分業が進む中、病院で処方された処方箋は院外処方が多く、近隣に薬局が併設される事が多くなりました。患者にとってのメリットは病院に居る滞在時間が減る事で院内感染の予防に繋がる他、院内での待ち時間の緩和にも繋がります。また、自宅近くの薬局でも処方箋を受付をしてくれるので、自分にとってかかりつけの薬剤師さんの存在が出来、安心感が生まれます。注意したい点は、在庫をすべて抱えているわけではないのでどこの処方箋でも受け付けてくれるわけではなく、処方された薬が扱っていない場合には他をあたらないといけなくなる点です。

病院とその受付の情報