トップ / 日常のストレスは心療内科

早急に心療内科へ

日常のストレスは心療内科

心療内科は行きやすいところです 

ストレス時代の現代では、それによりさまざまな弊害がでています。不眠や気持ちの落ち込みなど、普段とは違う負担が身体にでてきます。そんなときに、相談がしやすいのが心療内科です。ほとんど医院が、内科と併設しているので精神科にいくよりも気持ちてきにには気軽に行けます。最近は、精神科と変わることなく心療内科でも薬の処方をしています。まず、初めて行くのなら自分のかかりつけ医に相談をすることが安心できます。一人で、抱え込んでいるとますます症状が悪くなることもあります。悩んでいる人は、たくさんいます。

統合失調症とはどんな病気か 

統合失調症とは、脳内で感情や思考をうまくまとめることができなくなる病気です。そのため、聞こえないはずの声が聞こえたり見えるはずのない物が見えたりします。100人に一人ぐらいの割合で発症するといわれています。薬の開発が進み、統合失調症の患者のおよそ半数の方は良い経過をたどるようになっています。自分に合った薬がみつかれば、安定した状態が長く保てるようになり仕事に復帰したり家庭で普通の生活がおくれるようになります。そのためには職場の理解や家族のサポートが不可欠です。

病院とその受付の情報