トップ / インプラントで長持ち

インプラントで必要

インプラントで長持ち

インプラントに必要な角化歯肉 

インプラントに必要なのは、歯根となっている骨や歯茎がなければいけません。骨や歯肉が不足している場合は、そのままでは治療をすることができないので、骨の再生や歯肉再生を施してから、治療を受ける必要があります。インプラントに特に一定量ないといけない部分は、角化歯肉という顎の骨にっ付着している歯肉部分で、頬を引っ張っても動かない部分です。角化歯肉が豊富なことで、歯周病を防ぐことができます。知覚過敏のリスク減少させることができます。歯磨きもやりやすくなり、長持ちさせることができるという大きなメリットがあります。

インプラントの素材と形状 

インプラントの基本素材の種類は、骨と結合性が高い純チタン、同様に結合性が高いチタン合金、純チタンと比較的結合性が劣るものの、任意の形状に成形でき、形状記憶の特性がある、チタン・ニッケル合金、日本においては初期のころ使用されていて、骨との結合が起こらないので、現在使用されていない人工サファイアなどがあります。形状には、主流のタイプのスクリュータイプ、2回法に優れているシリンダータイプ、バスケットタイプなどがあります。医師によってその場に適したインプラントの素材と形状を選びます。

病院とその受付の情報