トップ

病院の受付について

病院の受付でのマナー

ウェディングドレスでスクワット

病院の受付で気をつけること 

病院の受付の勤務で気をつけなければならないのは、普通の接客業にありがちな「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」を言わない事にあります。患者さんは体に不具合があるから来院しているという事を忘れないようにしたいものです。挨拶をする場合は「おはようございます(または「こんにちは」)」、患者さんが帰られる時には「お大事に」というのが無難です。病院の受付では診察料の徴収もしなければなりませんので、計算ミスがないように気をつけます。ほとんどの所ではパソコンで管理されている所が多いですが、パソコンを操作するのは人間ですので、どんな時はどのような処置を選択するかというのを間違えないようにするのが大切です。

受付の態度で印象が決まります 

体調が悪くなると通院しますが初めての病院に行く場合、少し緊張するものです。まず受付に行く訳ですが、その窓口の対応や印象によってその病院のイメージが固まってしまいます。大勢の患者さんがいる場合、業務的な対応をされる所も少なくはありません。しかし、どんなに窓口が混雑していてもこちらの申し出をくみ取り親切に対応して貰えると、ここに来て良かったと安心するものです。もちろん医師や看護師のスキルや態度も肝心ですが、まずそこの玄関である受付の状態で全体の職員への教育や患者への接し方の方針を推し量る事ができるのです。

病院とその受付の情報

新着情報